1. 悩みにたいする考え方

あなたは何を悩み、何を迷っているのですか?

細かな事情は異なるものの、お悩みごとにはある程度か共通点があります。 ここでは実際に直接鑑定にいらした方々のお悩み・ご相談をカテゴリー化して、占聖学としてどのような考えを持って鑑定に臨むのかをまとめました。

姓名により鑑定結果は各自、異なります。 そのため、同じお悩みであったとしても、具体的な応えはその方だけへのものとなります。 直接鑑定をご検討いただく際のご参考となれば幸いです。

お悩みカテゴリー一覧

東京の占い師 当たる占い・半生:生い立ちや家庭環境など、これまでの人生についてのお悩み 生い立ちや置かれた環境など、これまでの人生についてのお悩み
東京の占い師 当たる占い・仕事:仕事のこと、経済性・金銭についてのお悩み 仕事のこと、経済性・金銭についてのお悩み
東京の占い師 当たる占い・異性:恋人との相性や出会いについてのお悩み 恋人との相性や出会いについてのお悩み
東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み 家族状況や家庭環境についてのお悩み
東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み わが子や孫についての全体的なお悩み
東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

お客様のお悩みに対する占聖学の基本の考え方

何か名前に違和感があった お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・半生:生い立ちや家庭環境など、これまでの人生についてのお悩み

自分は男性だが、名前の漢字があまりにも女性的で、幼い頃から違和感があった。いじめられもした。 そのためか、何事にも消極的だった。 ずっと名前を変えて生まれ変わりたいと願っており、変えるのであれば「良い運勢の名前」にしたかった。


名前は誰がどのように名付けようとも祖父母代、父母代から遺伝した魂(精神的遺伝子)が刻み込まれたものとなります。 これが何を意味するのかと言うと、人の運勢は祖父母代から隔世遺伝、父母代から直接遺伝した精神的遺伝子によって決定付けられ、 まるで暗号のように姓名に刻み込まれている、という結論に達します。 つまり、その名前が名付けられたことは『必然』で、他の漢字であったとしても姓名全体のバランスは変わらず、 幼少期の体験や経験も今と変わらないものであったと説きます。 自分の名前に違和感があった、名前を変えたかったということから、祖父母代が何かを思い悩み、状況を変えたいと願っていた事が伺えます。 鑑定ではなぜそうであったのかを解き、名前への違和感の原因を探ります。

将来に夢や希望を持てずにいる お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・仕事:仕事のこと、経済性・金銭についてのお悩み 東京の占い師 当たる占い・異性:恋人との相性や出会いについてのお悩み

自分のやることなすことが空回りしているように感じる。 人一倍がんばっているつもりだが、努力すればするほど、物事が悪いほうへ進む。 野心はない。強いて言うなら、定職に就いて安定した収入を得て、普通に恋愛して家庭を持ちたい。


夢も希望もないままに生きるのは、何とも虚しいことでしょう。 とは言うものの、樹門流占術では宝くじに当たって一攫千金だとか、玉の輿に乗ることを良しとはしません。 健康体で寿命を全うし、生活するのに困らない程度の経済性を持ち、広い意味での愛情に恵まれた人生を『幸福な人生』としています。 人によってはささやか過ぎるとも受け取れるでしょうが、 健康・経済・愛情の3つがバランスよく揃った状態というのはなかなかお目にかかれないのが現実です。 ただし、運勢とは不思議なもので、今は健康・経済・愛情のうちのどれかが欠けていたとしても、 何ひとつにも恵まれていなかったとしても、人生の中盤以降に『幸福な人生』が訪れるという人もいます。 先の見えない人生を歩み続けていては、いつまでたっても夢も希望も持てません。 まずは己の運勢を知ることから始めてみませんか。

転職へ踏み切れずにいる お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・仕事:仕事のこと、経済性・金銭についてのお悩み

現在の職は自分が望んでいた職種ではないが、やりたい仕事が天職であるのか不安で、転職する決心がつかない。 将来は願う職種で独立開業したいが、失敗に終わるかもしれないという思いもあり、踏み出せない。


生計を維持するために、人が日常従事する仕事を「職業」といいます。 生計を維持するためとはいえ、他の職業への転職を願いながら働くのは味気ないものです。 しかしながら、様々な不安から転職へ踏み切れずにいるのが現実なようです。 人には得手不得手がありますから、就きたい職業がイコール向いている職業とは限りません。 収入が激減し、生活が苦しくなるかもしれません。まず、自身の運勢そして特性を知るべきです。 姓名にはその人の運勢、備わった特性、得意とする分野が明確に記されています。 ですから、姓名を読み解けば、おのずとその人の適職がわかります。 それだけではなく、なぜ、その職業に惹かれるのかや、何歳頃に社会人としての成功や挫折が訪れるのかもわかります。

異性と出会えない お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・異性:恋人との相性や出会いについてのお悩み

相性の合う異性と出会えない。異性と出会う機会そのものも少なく、交際が始まっても結局は別れてしまう。 結婚している人達はどこでどうやって相手と知り合い、どんな経緯で結婚を決意したのだろう。


相性とは、自分にないものを相手に求める凹凸の原理が働いて生じます。 男女で極端に人口が違うわけではなく、街には同年代の男女がたくさんいるのに、 なぜ結婚に至る相性を生じる相手と出会えないのでしょう。 その理由が容姿の美醜や性格の良し悪し、生まれ育ちや財産の有無でないことは皆さんもご存知かと思います。 それが運命だから、と言ってしまうのは簡単なことです。 ですが、なぜそのような運命であるのかは実に奥深いものです。 そこには祖父母代、父母代から遺伝した魂(精神的遺伝子)、さらには家の流れそのものが介在しています。 樹門流姓名判断は生まれ持った運命はもちろん、なぜそうであるのか、これからどうなるのかを読み解きます。

生い立ちが不幸で卑屈になる お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・半生:生い立ちや家庭環境など、これまでの人生についてのお悩み 東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

幼い頃、家をたらいまわしにされ、最終的には施設で育った。 生い立ちのせいか、卑屈な性格で友達もいない。 何事も「こうなったのは誰々のせいだ」と他人のせいにしがちで、後から自己嫌悪に陥る。 ある時から急に人生そのものが変わることはあるだろうか。このまま一人寂しく死んでいくのだろうか。


どのような環境の中で生まれ育つか、さらには人生運そのものは生まれる前から決っています。 それは、祖父母代と父母代の生き方や、その時々の精神性によって決定付けられます。 彼らがどんな環境、状況であったかは本人の姓名に現れています。 不遇な生い立ちや現在の状況には原因があります。この「原因」が祖父母代、父母代の生き方や精神性です。 姓名から、運勢の原因を読み解けば、おのずとあなたに託された願い、つまりはあなたの天命がわかります。 己の生い立ちを恨んでも、ましてや己を卑下しても、何の解決にも至りません。 あなたがこの世に誕生した意味を知り、しっかりと前を見据えて人生を歩んでいこうではありませんか。

妻とうまくいっていない お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み

妻との関係がうまくいっていない。最近は何かと離婚を口にされる。 妻は結婚して、子供を産んでからきつい性格になったように感じている。 妻自身は結婚して、姓が変わってから運がなくなったと言うが、そんな事があるのだろうか。 自分は絶対に離婚したくない。どうしたら恋愛中のような良い関係に戻れるだろうか。


相性というのは凹凸の原理が働き、成り立っています。 つまりは足りないものを補い合うのが本当の相性で、俗にいう赤い糸で結ばれた関係となります。 結婚にいたる相性は「赤い糸」と思いがちですが、一概にそうとも言えません。 双方が同じような運勢を持つために生じる、刹那的相性も存在します。 また、結婚して女性の姓が変わることで違う運勢型となり、凹凸の関係ではなくなるケースもあります。 夫、妻がそれぞれに持つ運勢や本質、夫婦の相性が本物であるのか否か、 また、今後はどのようになっていくのかは姓名を読み解けば全てわかります。 道を模索するばかりでは時間だけが過ぎて行きます。 まずはお互いが生まれ持ったものを知り、そこから最善な方法を見出して下さい。

離婚に伴い、子に違う名前をつけたい お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み 東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

夫のDVから逃れるために離婚した。子供と二人で人生をやり直すつもりだ。 姓は自分の旧姓とした。これまでのことをリセットしてここからがスタート、という意味合いを込めて、 子供に今とは全く違う名前を名付けてあげたいと思っている。


何らかの理由によって姓や名が変わり、 運勢型が変わることは『その年代の祖父母代、父母代の精神性に変化があったから』と説きます。 人の運勢は、祖父母代から隔世遺伝、父母代から直接遺伝した精神的遺伝子によって決定付けられます。 ですから、祖父母代や父母代の生き方や精神性に変化がなければ、姓や名を変えても運勢型は変わりません。 言い換えれば姓名は誰がどのように名付けようとも、その人の祖父母、父母の生き方や精神性を示すものとなります。 よって、名前を変えることで人生をリセットできるのかと問われれば「生まれ持った運勢がそうなっていたからに過ぎないので、 根本的なリセットとは言いがたい」と答えざるを得ません。 運勢を根本から変える改名は、この法則を十分に理解した者でなければ不可能です。

人生は不公平だと思う お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・半生:生い立ちや家庭環境など、これまでの人生についてのお悩み 東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み

不幸だとまでは言わないが、ついてない人生だなと感じている。 世の中、何かと恵まれている人もいるのに、不公平だなと思う。 家では家族の会話がほとんどなく、居心地が悪い。結婚したら明るい家庭にしたいと思っている。


生まれながらに不運であれば、それが当たり前になってしまうのも当然のことかもしれません。 そして、様々な人の人生に触れ、己の不運に気づいて「良い人生を歩みたい」と考えるのもまた、当然のことです。 人は大なり小なり、何かしらの欲望を叶えるために生きているものです。 不幸だとまで思わないとしながら、自分と、他の人達との人生に不公平感を抱いているということは、 不幸の自覚があり、幸福になりたいと願っているということに他なりません。 生まれ持った運勢に逆らわず生きて行くことと、ただ流されて生きていくこととでは、全く意味が違います。 こうありたい、という願いがあるのであれば、このあたりで人生の見直しを図ってみるのも一考ではないでしょうか。

子宝に恵まれない お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み 東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

子宝に恵まれず悩んでいる。夫婦共に健康体なのに、なぜ子供ができないのだろうか。 このまま子供が生まれないまま歳をとり、夫婦のどちらかが相手を看取って、一人になってしまうのかと思うと辛い。 思い切って養子を迎えたほうがいいのだろうか。


二人が出会い、結婚に至ったのが運勢によるものであったのと同じく、不妊にも運勢が介在しています。 家は三代ごとに繁栄と衰退を繰り返し、繋がって行きます。 が、場合によっては次の代へと繋がらず、結果としてその家の「姓」そのものがなくなります。 これを『絶家代』と言います。 お察しの通り『絶家代』の運勢であった場合には、結婚しても子供が生まれません。 また、子供が女の子だけで、皆、他家へ嫁いで家の姓を継ぐ者がいない場合も『絶家代』に相当します。 運勢の原因と結果は姓名を読み解くことで明らかになります。 なぜ子宝に恵まれないのか、そして夫婦の未来も説き明かします。 生まれ持った運勢、つまりは定められた未来がわかれば取るべき道も見えてくることでしょう。

先の人生には不安ばかりが募る お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

自営業を営んでいたが、辞めざるを得なくなった。それに伴い、家も新築することになった。 人生も中盤を迎えたがまだ独身。高齢の両親を抱えて無職になり、これから先の人生には不安ばかりが募る。 何よりも両親を喜ばせ、幸福にしてあげたいと願っている。


人生には幾度かの分岐点が訪れます。 それが中年以降に訪れたものであれば、若い時にはなかった、けっしてなおざりにはできない事項が絡んできます。 例えば、高齢となった両親。自分の家族。そして社会的な責任等。 ですから、年齢を重ねれば重ねた分だけ、物事の判断や決断には慎重にならざるを得なくなります。 ですが、人生という道の末は、生まれた時から決っています。 今ある状況は、なるべくしてなった、と言わざるを得ません。そして、その結末はすでに決められているのです。 それでも、結末を先に知っておけば、変えることも出来るはずです。 ひたすら悩み、不安を抱えているよりは定められた道を知り、そこからどうするべきかを考えた方が有益ではありませんか。 是非、まだ見ぬ道の行く先に、何が待っているのかを知っておいていただきたいものです。

仕事を成就させたい お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・仕事:仕事のこと、経済性・金銭についてのお悩み

独身。商売(趣味雑貨の小売)をしている。 一応、固定客はついているが、もっと店を大きく、成功させたい。 だが、どうにもうまくいかない。店の名前が悪いのか、店舗の家相が悪いのか、それとも自分が商売に向いていないのか。


樹門流占術では、姓名・家相・手相は連動していると説きます。 同じ人でありながら、姓名は良いけれど家相と手相が悪いとか、 家相と手相は良いけれど姓名が悪いとか、占術によって鑑定の結果、つまりは運勢が違うのはおかしな話です。 良い運勢の姓名の人は良い家相の家に住み、良い手相をしていて当然です。 これを経営者と事務所・店舗物件と置き換えても同じことが言えます。 経営者は、どんなにがんばっても自分の運勢通りの物件しか見つけることができません。 仮に、悪い運勢の経営者が良い家相の物件に入ったとしても、運勢の相違から移転を余儀なくされます。 また、社名や店のネーミングについても経営者の運勢が関係してきます。 自身の人生そのものが充実していなければ、事業の発展も望めません。 これは規模の大小にかかわらず全ての業種に同じことが言えます。 まずは自身の運勢、です。

自分は生涯独身なのだろうか お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・異性:恋人との相性や出会いについてのお悩み 東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

自分は生涯独身なのだろうか。結婚したとしても、年齢的に子供を授かることは難しいと思っている。 今はまだいいが、歳をとった時に一人なのは寂しいし、不安だ。 この際、籍を入れなくてもいいから、老後を共にできるパートナーが欲しい。


地位や名誉に関係なく、老いは訪れます。 独身であったり、既婚でも子供がいなかったりすれば老後に不安を感じるのも致し方ないことです。 そもそも独り身であること、子供がいないことには原因があります。 そういう運勢だからと言うのは簡単なことですが、人の運勢には一言では片付けられない奥深いものがあります。 そして、原因があれば必ず結果が待っています。 人生とは、原因があって出来上がった『運勢』という名の道を歩んでいるに過ぎません。 結果、つまりは人生の終りはすでに定められているのです。 定められているのですから、予め知ることも可能です。 何も知らずにただ人生を歩むのと、結果を知った上で歩むのとでは雲泥の差があります。 望まぬ結果が待っていたならば、ここから軌道を修正すれば良いことです。

これからの人生は平穏だろうか お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

妻と娘。三人で幸福に暮らしている。 将来も今のように幸福を感じていられるだろうか。今まで特に大きな問題もなく過ごしてきただけに、 これから何か起きるのではないかと心配になることがある。


樹門流占術では、健康・経済・愛情の3つがバランスよく整い、 継続する運勢を『良い運勢』としており、この3つのうちどれか1つだけが特化していたり、 欠けていたりすれば、それを『良い運勢』とは言いません。 『良い運勢』を持って生まれた人であれば、一生涯を通して、 大病することなく、極端に困窮することなく、家族や周囲の人々と良好な関係でいられます。 おどかすつもりはありませんが、それまで順風満帆な人生であったものが、 ある時期から苦難の連続となる運勢もあることは事実です。 今は恵まれていても、本当に「良い運勢を持って生まれた人」なのか否かを見極めるには、 姓名を読み解くより他に方法はありません。

わが子の将来が気がかり お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

子供が障がい者。わが子の将来が気がかりでならない。 自分は、今は健康だが、高齢なのでいつどうなるかわからない。 自分が死んだらわが子はどうなるのだろうかと心配でならない。 良い人達に恵まれ、幸せに暮らして欲しいと願っている。


親であればわが子の幸福を願うのは当然の事です。 子が、何らかの理由で自立した生活が難しいとなれば、尚更、自分がこの世にいなくなってからの事を案じることでしょう。 身体的なことは医師でなければわかりません。 現代の医療を以ってしても完治することのない、 先天的あるいは後天的な身体の障がいは、当然のごとく占いの力では治すことができません。 ですが、占いだからこそできる事もあります。 それはその人の運勢を明らかにし、さらには運勢を変える事です。 樹門流姓名判断で説けば、その人の運勢のみではなく、運勢の原因までもがわかります。 だからこそ、運勢を根本から好転させることが可能なのです。 占いで身体を治す事は出来ませんが、生まれ持った運勢を説き、幸福な環境で生きる未来へと導くことは出来ます。

自分と娘の関係はどうなるのだろう お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

女手ひとつで娘を育てて来た。無理をしてでも望む通りの事をしてきてやったつもりだ。 将来について意見を言ったところ口論となり、結果として娘が家を出てしまった。 今はどこで暮らしているのかもわからない。 散々苦労して育ててきたのに、悔しいやら悲しいやら、複雑な気持ちでいる。 これから先、自分と娘の関係はどうなるのだろう。


今はまだ、親の手を借りなければ生きていられない赤ん坊も、やがては自我を持った大人へと成長していきます。 生んで、育ててきたのだから、わが子の性格や考え方は全てわかっていると思うのは大きな間違いです。 親も、子も、一個人であることに変わりはありません。 それでも、他人とは違う、近しい間柄であるのが親子というものです。 ですが、なかには他人以上に遠い存在であったり、怒りや憎しみさえ感じるという親子もいます。 なぜ、血の繋がった親子でありながら良い関係を築けないのか、 その原因は姓名から解き明かすことができます。 原因がわかれば、おのずと解決策が見えてくるはずです。

今は満足だが、老後が不安 お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・余生:これからの人生や老後、後半生についてのお悩み

独身。もう、結婚は考えていない。体は丈夫ではないが、なんとか仕事もできているし、 人間関係にも恵まれているので、現状に不満や不安はない。 だが、これからの人生、特に老後はどうなるのかと気にはなっている。 今の生活を維持し、静かに最後を迎えたいと思っている。


樹門流占術では健康・経済・愛情の3つのバランスがとれている状態を幸福である、としています。 ですから、健康を害していたならば、その時点で「幸福ですね」と言うことはできません。 とはいえ、自身が今現在を幸福であると感じていれば、いつまでもこのままでいたいと願うのは当然のことです。 それがどんなにささやかなものであっても、何かを願い、望むことは欲望である事に変わりはなく、 それを叶えるために人生を歩んでいるとも言えます。 姓名にはその人の過去、現在、そして未来が記されています。 これから先の人生にどのような暗示があるかを知っておけば、 その地点に来たときに慌てることなく対処できるでしょう。

子が定職に就かない お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

息子が4人いるが、次男だけが独身で、定職にも就けないでいる。 他の兄弟は父が経営する会社で働いているが、次男だけは家業に向いていないため、全く携わっていない。 なぜ、4人兄弟のうち、次男だけが外れた存在なのか。 また、会社の時期後継者は誰にすべきか、世代交代した時には何らかの形で次男を会社へ迎え入れるべきか。


兄弟や姉妹で性格はもちろん、人生そのものに雲泥の差がある理由は、姓名を読み解けば明らかになります。 人の運勢は祖父母代の精神性を主として、父母代の精神性が絡み、形成されます。 生きていれば様々な出来事があり、その都度、考え方や気持ちに変化が生じるものです。 この変化が兄弟や姉妹の性格や人生運の違いとして現れます。 また、家そのものや家業の継承には厳格な法則があります。 ですから、どんなに優秀で後継者としてふさわしく思える子でも、 この法則からはずれていれば、自然と家や家業を継がない方向へと進んで行きます。 姓名にはその人の運勢、運勢の原因、そして家の流れが記されています。 姓名に記された真実が、あなたの悩みを解決する糸口となるとなることでしょう。

娘が嫁ぎ先で苦労している お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

家柄の違いから、娘が嫁ぎ先で苦労している。 先方は自分達とこちらの家のことを何かと比較する。 腹が立つが、言い返せば娘が今以上に辛い思いをするのではないかと思い、 笑って済ませるように心がけている。 夫婦仲は良いようだが、じっと我慢するくらいなら離婚して帰ってくればいいのにと思う。


結婚したわが子が辛い思いをしている、 親族同士の間柄もギクシャクしているとなれば、親としてはいたたまれない気持ちでしょう。 追い討ちをかけるようで心苦しいのですが、占いの見地からすれば、 辛い思いをしているのはその人にその運勢があったから、と説きます。 結婚して姓が変わったら運勢が変わった、という方がいます。 他流の姓名判断ではどう見るのかは知りませんが、 樹門流占術では『その人の元々の運勢が、結婚後の姓の運勢になるようになっていた』と説きます。 続けて申上げますと、結婚して姓が変わったことで運勢が変わり、 親族がそれに巻き込まれたと考えるのは大きな間違いです。 親族となった間柄がうまくいかないのはその家の元々の運勢がそうなっていたから、となります。 極端に言えば、離婚して旧姓に戻ったところで生まれ持った、 総体的な運勢そのものは変わらないのですから、同じ事を繰り返すか、 別の形で表れるか、いずれかの結果しか生みません。 物事に原因と結果があるように、運勢にも原因があります。 そして、結果は決っています。原因と、定められた結果を知り、 親としてどうするべきかを考えてみて下さい。

家庭が崩壊寸前 お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み

家庭が崩壊寸前。 子供は学生時代は優等生だったが、就職がうまくいかず、生活が荒みだした。 親の期待を裏切るまいと夢を諦めたことや、無理をしてきたことを告白された。 また、ずっと親の言う通りにしてきたので、もう自分では何をどうしたらいいのかわからないと言う。 部屋に引きこもり、たまに出てくると暴力を振るう。 親として、悔やんでも悔やみきれない。


あくまで占いの見地から申上げます。 何らかの理由で家庭が安堵の場ではなく、悩みや苦しみの元となってしまうことがあります。 その筋の専門家に聞けば、家庭崩壊の原因に気づかせ、どう対処すべきかを答えてくれるでしょう。 では、なぜ、家庭崩壊の理由となった事象が起きたのか?今後、家庭はどうなって行くのか。 これらの問いに明確に答えられるのは、樹門流占術だけであると自負しています。 表面だけを直し、飾っても、土台がそのままではいずれまた崩れてきます。延いては修復不可能な状態にもなりかねません。 手遅れになる前に、まずは原因を解き明かし、根本からの修復を図ってみてはいかがでしょうか。

困惑する親族がいる お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・家庭:家族状況や家庭環境についてのお悩み

困りごとが起きた時にだけ連絡してくる親族に困惑している。 普段は付き合いもなく、こちらの祝い事は無視するのに、自分達に関してはなにかと金品を要求してくる。 親は、将来は面倒をみてもらうと言っているが、自分は長子ではないし、面倒みたくない。 義親族とは良い関係が築けている。自分の親族とは縁を切りたいとさえ思う。


血筋を引いた間柄は、他人よりも親密な関係であるとされています。 ですが、現実にはそうとも言い切れないようです。 生まれ順は下だけれど、親の面倒をみたり、兄姉に頼りにされるという人がいます。 これは、現実的な長子として生きる運勢を持って生まれたからに他なりません。 が、皆が皆、それをすんなり受け入れられるかというとそうではなく、さらに運勢が絡んできます。 また、親族間であれど相性があり、中には他人以上にいがみ合うこととなるような運勢も存在します。 物事には必ず原因があります。 姓名を読み解かねば詳細には申上げられませんが、親族間の問題には、親族ならではの原因がある事だけは確かです。

娘は難病 息子はウツ病 お悩みカテゴリー:東京の占い師 当たる占い・子供:わが子や孫についての全体的なお悩み

娘は独身で難病を抱えている。息子は既婚でウツ病を患っている。 息子は不運なのは家のせい=名前が悪いからだ、嫁の姓を名乗ると言い出した。 事実、なぜ、子供達がそろって病気になってしまったのか。息子が言う通り、家系に何かあるのではないか。


樹門流占術では、運勢は祖父母代及び父母代から遺伝した魂から成るとしていますが、 ここで言う魂とはあくまで精神性のことで、霊的な意味合いはありません。 確かに、家系に宿る運勢はあります。ですがそれは崇りだ何だというおどろおどろしいものではありません。 一例を挙げると『姓につく運勢』があります。同じ姓である親族皆が同じ運勢を持つことになるため、 人生そのものにも同じような傾向が現れるのです。 姓につく運勢がなくとも、家族であれば一様な運勢の傾向が見られるものです。 さらには、その名前だから不運なのではなく、不運な人生となる宿命であったからそれを示す名前が名付けられたと説きます。 人の運勢とは実に奥深いもので、違う姓や名を名乗れば簡単に変わるなどという単純なものではありません。 まずは現在の状況の原因を探り、根本からの解決策を練る必要があります。

※ 運勢に関する具体的なご相談は鑑定のご予約が必要となります。

※各占い師に直接ご相談したい方は無料相談ページをご覧ください。

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから