1. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ
  2. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ第025号

【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ 2010/02――第025号


□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。 このメールマガジンは,主に樹門幸宰の占い(姓名判断)を中心にした 以下の内容を提供いたします。

  1. 樹門式占いのススメ
  2. ホームページの紹介
  3. 著名人の名前を樹門幸宰が姓名判断!
  4. その他 >隔週発行<

□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆樹門流鑑定のススメ[第5回]


◎私が直接鑑定をする理由:【系垂の法則】について

先回はお客様を鑑定する上で、 核として用いる3つの法則の内、【家三代の興亡】を挙げました。

【種族保存本能】<しゅぞくほぞんほんのう> 【家三代の興亡】<いえさんだいのこうぼう> 【系垂の法則】<けいすいのほうそく>

今日は【系垂の法則】について。

私たち人間とは俯瞰するととても単純な生き物で、 “欲望を満たすことができれば幸せ、そうでなければ不幸せ”と考えます。

人は幸せか不幸せのどちらかを考え、その欲に魅せられて生き、 その欲だけでのし上がった家は丸三代を経過すると必ず滅びます。 つまりは三代に一代は家に名誉や財産がなくなるというのが家三代の興亡の法則と申し上げました。

ところで丸三代が過ぎたその次の家系に代わって栄えるのが、分家に当たる次男・次女の家です。 そこも三代経過すると没落(衰退)し、今度は三男・三女の家が栄えることになるのです。

このように“丸三代”をひとつの周期として、 繁栄の中心が下位の出生順位の家へとずれながら移っていくことを、 血系が垂れ下がる、系垂(けいすい)の法則と呼んでいます。 (徳川15代将軍もこの法則の通り、分家が本家に変わっています。)

この法則は家三代の興亡の法則に包括されるものです。

必ず皆さんは何れかの代に該当します。 つまり高名な人であろうがそうでなかろうが何人たりともこの厳粛なる法則性の中で生きているのです。

鑑定で重要なのは自分の代を理解することはもちろん、主となる運勢を把握していただくことです。 自分自身を知り人生を歩むのと、何もわからず、混沌としたまま生を閉じるのとでは雲泥の差があるのです。


姉妹ホームページで運勢型をお調べいただけます。

*PC・スマホ 魂ゆら占い(www.e-tamayura.com)


【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占い最新メルマガのご購読はこちらより 『まぐまぐ!』 【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから