1. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ
  2. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ第028号

【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ 2010/05――第028号


□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。 このメールマガジンは,主に樹門幸宰の占い(姓名判断)を中心にした 以下の内容を提供いたします。

  1. 樹門式占いのススメ
  2. ホームページの紹介
  3. 著名人の名前を樹門幸宰が姓名判断!
  4. その他 >隔週発行<

□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆樹門流鑑定のススメ[第8回]


◎私が直接鑑定をする理由:性別の仕組み(男と女)

世の中には男性と女性の二種類しかいません。 生物学な見地から人間の生命が誕生する仕組み、男性か女性という性別を決めるメカニズムを 過去NHKテレビ番組で放映していました。

それは精子と卵子が受精したその瞬間に、 男女の性別が決まっているというもので、男性の精子がその性別を決めているという内容です。

人の遺伝情報は、染色体と呼ばれる細胞があり、男性、女性ともに男女共に23組46本あります。

その中の22組までは男女とも同じ形をしていますが、 23組目だけ形が異なり、この23組目の染色体はX染色体、Y染色体の2種類が組み合わさっています。 男性はXとY、女性はXとXの染色体で構成されています。

この23組目の染色体が、男性と女性の性別を決めています。 卵子はX染色体のみをもち、精子はX染色体とY染色体をもつ2種類が存在します。

受精した精子がX染色体であれば女の子(XX染色体)が生まれ、 Y染色体であれば男性(XY染色体)が生まれるので、受精した瞬間に性別が決まり、その決定権は男性に起因するのです。

樹門流占術では性別に関して別の視点があります。

『家三代の興亡』という考え方があります。 簡潔に言うならば、どんなに栄えた家でも、丸三代過ぎると斜陽します。

初代は苦心して財産を残しても、二代目は財産を徐々に使い、 三代目では初代が築いた財産を食い潰すというものでみなさんにもあてはまる世の厳粛な法則です。

また、家三代の興亡の初代を築くときは、夫の系譜(男系)で夫が実権を握り、妻が家庭を支えます。 しかし、二代目からはすぐに婦の系譜に入ります。

男系は経済力を支え、生産性を上げることに適していますが すでに繁栄している家系では財産管理の強化に適している女系(婦の系譜)の要素が求められるからです。

父親に経済力がある裕福な家庭に生まれる子供は、 女の子だけということが多く、二代目はお婿さんというケースが多く見られるのも事実です。

二代目からは徐々に女系化が進み、女性がだんだん強くなり、逆に男性は弱体化していきます。 更には三代目では女性の支配力がますます強くなります。この法則は不動です。

数億の精子が過酷な競争を繰り広げ、たった一つの精子が卵子に到達します。 その過程の中でほとんどの精子は到達できず死んでしまいます。

女系化の中にいる男性の精子は、 Y染色体(男性になる)よりX染色体(女性になる)の精子が優勢のはずですので、 Y染色体を持つ精子が淘汰されやすい状況となります。

その精子が無事着床し、約10ヶ月後に女の子が誕生するのです。


姉妹ホームページで運勢型をお調べいただけます。

*PC・スマホ 魂ゆら占い(www.e-tamayura.com)


【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占い最新メルマガのご購読はこちらより 『まぐまぐ!』 【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから