1. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ
  2. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ第042号

【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ 2011/08――第042号


□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。 このメールマガジンは,主に樹門幸宰の占い(姓名判断)を中心にした 以下の内容を提供いたします。

  1. 樹門式占いのススメ
  2. ホームページの紹介
  3. 著名人の名前を樹門幸宰が姓名判断!
  4. その他 >隔週発行<

□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆樹門流鑑定のススメ[第22回]


◎私が直接鑑定をする理由:運勢型がもたらす病気

呼吸器疾患である「肺結核」は、日本では戦後まもない頃まで死の病として恐れられていました。 医療が発達していない発展途上国では、いまだに致死率が高い病気でもあります。

樹門流占いでは運勢型によって病気傾向が把握できます。 『この運勢型はこの思考があるため、結果的にこの器官・部位を患いやすい』となるからです。

肺を患いやすい傾向がある運勢型の一つに“オール同数型”があげられます。 “オール同数型”の別名は「希代の天才か狂人運」です。

希代とは、世にもまれなる存在という意味で、先祖累代で一人でるか出ないかの天才や英傑が輩出されることとなります。 または、一歩を誤って、異端、狂人扱いされることになる絶対絶命運です。

まずは強烈、鮮烈な個性を放って生きる人です。 一旦、こうと思うと思い込みが激しく、いつまでも執着して、前途に山あり谷ありの障害があろうとも、がむしゃらにやり通す遂行力を備えた、驚異驚嘆の人生運です。 したがって、人生の結果は吉か凶か、紙一重なところがあります。

“オール同数型”には幕末期に生き、肺結核で亡くなった偉人、沖田総司・高杉晋作がいます。 幕末期には肺結核はまだ不治の病であったのです。

オール同数型には驚異的な集中力があります。 例えるならば、『息をするのを忘れるくらい一気集中して物事に打ち込む』 一生を凝縮してその一瞬に爆発的に賭けるところがあるため、無意識に無理をした結果、肺を患う傾向を生みやすくするのです。

これらのことから患部の原因を探ると、運勢型が病気をつくることに辿り着きます。


姉妹ホームページで運勢型をお調べいただけます。

*PC・スマホ 魂ゆら占い(www.e-tamayura.com)


【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占い最新メルマガのご購読はこちらより 『まぐまぐ!』 【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから