1. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ
  2. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ第053号

【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ 2012/07(7・8月合併号)――現在053部


□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。 このメールマガジンは,主に樹門幸宰の占い(姓名判断)を中心にした 以下の内容を提供いたします。

  1. 樹門式占いのススメ
  2. ホームページの紹介
  3. 著名人の名前を樹門幸宰が姓名判断!
  4. その他 >隔週発行<

□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆樹門流鑑定のススメ[第33回]


◎私が直接鑑定をする理由:あなたはどちらの女性と結婚する?

名前を“鑑定・判断”すれば、運勢は無理なく理解可能です。 運勢は名前の中に暗号のように隠されていて、その運勢は両親と祖父母から物質的に遺伝で伝わります。 遺伝情報に含まれているのは肉体情報だけでなく、精神的情報も遺伝によって伝わるというわけです。 その遺伝子の中に宿命的な運勢の設計図が網羅されていて、それは全人生のスケジュールに他ありません。

次のシチュエーションを一緒に考えてみてください。 【あなたは佐藤太郎という男性です。 ここに田中花子(A)と山田花子(B)という同じ名前の女性が2人います】

1.太郎と相思相愛になったのは田中花子(A)<その後彼らは結婚> 2.花子(A)は結婚して佐藤花子(A)<佐藤姓になった> 3.太郎と花子(A)は一生を添い遂げた 4.太郎と山田花子(B)との間に恋愛感情は皆無だった

最後に付いた名前で人生の結果は出ます。 したがって運勢の結果は結婚後の姓名にあたる新姓で観るものです。

善い悪いは別として、一生を添い遂げた事実から相性は合ったとみることは可能です。 しかし、“最後に付いた名前で人生の結果は出る”を噛み砕くと次の疑問が浮かび上がってくるかもしれません。

【疑問】最後の名前で運勢の結果が出るのなら、山田花子(B)と結婚しても佐藤姓になるため、花子(B)も添い遂げるのでは?

応えはノーになります。 山田花子(B)と添い遂げる可能性は低く、これを“継続”という単語を使って説明します。

“継続”とはその姓が続くかどうかで、継続する名前を善しとします。 ちなみにこの占いは『継続は力なり』に集約されます。

その“継続”の究極の反対語は“絶家”となります。 “絶家”の人を『絶家代』と呼びますが、なんらかのカタチでその姓が途絶えることを意味します。

生涯を通して“継続”する人は結婚前後も“継続”する名前です。 一方で“継続”しない人は結婚前後も“継続”しない名前です。 つまり、絶家する人は結婚後も絶家の名前なのです。

この大原則から旧姓、新姓のどちらでみても大きな運勢のウネリとしての宿命は引きずられるものです。

よって、【疑問】に対する答えは二通りです。 A.佐藤太郎が“継続”する名前であれば“継続”する花子と相性を生じる。 B.佐藤太郎が“継続”しない名前であれば“継続”しない花子と相性を生じる。

ちなみに実際に姓名鑑定すると佐藤太郎さんは絶家代ですので、同じ絶家代の田中花子(A)さんと相性を生じるはずです。 花子(A)さんが佐藤姓になっても絶家代の名前で夫婦ともに絶家代になります。 逆も真で、夫が絶家代、妻が継続代という組合せは早くからご破算するようになっています。

俗語の意味合いで使われる『赤い糸』は、さながら上のようになっていて、同じ家の流れ者同士でなければ契りを交わさないようになっています。 まこと奇しき縁を感じざるをえません。 最後に想像の域ですが、太郎が発するプロポーズの決め言葉は、「花子(A)、お前じゃないとダメなんだ」ではないでしょうか。


姉妹ホームページで運勢型をお調べいただけます。

*PC・スマホ 魂ゆら占い(www.e-tamayura.com)


【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占い最新メルマガのご購読はこちらより 『まぐまぐ!』 【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから