1. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ
  2. 姓名判断 魂ゆら占いメルマガ第062号

【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ 2013/05――現在062部


□■□■□■□■□■□■□■□■□

ご購読ありがとうございます。 このメールマガジンは,主に樹門幸宰の占い(姓名判断)を中心にした 以下の内容を提供いたします。

  1. 樹門式占いのススメ
  2. ホームページの紹介
  3. 著名人の名前を樹門幸宰が姓名判断!
  4. その他 >隔週発行<

□■□■□■□■□■□■□■□■□


◆樹門流鑑定のススメ[第42回]


◎私が直接鑑定をする理由:ご飯をお腹いっぱいに食べられる“幸せ”

唐突ですが、“富”や“名声”を得た人は次に一体何を願うと思いますか? おそらく“権力”ではないでしょうか。

さらに、“富・名声”そして“権力”を手に入れたのなら、次に狙うは“自身の寿命”とか、“子孫繁栄”に注力するでしょう。

紀元前の中国の覇者、秦の始皇帝は天下統一を成し遂げ、“富・名声・権力”を手に入れました。 次に、彼が狙ったのは“自身の寿命”でした。 あまねく手段で方々に不老不死を求め、伝説では猛毒である水銀やヒ素を食したり、 遠くは日本(当時は弥生時代)にまで仙人を求めたりしたそうです。 (歴代中国皇帝の中には中毒による不審死が多い)

欲望に際限はなく、翻って考えると、時にお金が人格さえも破壊することもありますし、お金が原因で人を殺めることさえあります。 欲望の端緒の“富”でさえ人を変えてしまうものです。

「満足をしても、次にはもっと欲しくなる。」 どんなにたくさんのオモチャを持っていたとしても「もうオモチャはいらない」という子どもはいないでしょう。 たとえその時は満足していたとしても、目新しい物を見ればそれを欲しがります。 ある程度かの年齢になれば、それが必要か否かの分別もつくようになるでしょうが、まだ幼い子どもにとって、オモチャは際限のない欲求の対象物に過ぎません。

今日の題はどんな状況下においても「何を成し遂げても、何を得ても満足を知らない」人です。 一旦は満足しても、また次に何かを求めるのは人間の性です。 が、ここで言うのは“常時不満足”で分別が効かない人、あまりにも欲望が強すぎて際限がない人のことで、その際限の無さが運勢の吉凶を別けていくことになります。 「ご飯を沢山たべたら満足ですか?」 この問いに対しては当然ながら『満腹で満足』と応えるでしょう。

「大きな仕事を完全にやり切れた!」 この問いに対する心境はおそらく『満たされた思い』になるでしょう。 つまり満足感とか充足感という感情は『事足りて』いるわけです。

しかし、“常時不満足”yyの人に同じ問いを尋ねた場合、答えは異なります。 「ご飯を沢山たべたら満足ですか?」 この問いに対しては、『次に食べるご飯』を考えています。

「大きな仕事を完全にやり切れた!」 この問いに対する心境は『(満足せず)次の仕事をどうしようか』と考え始めています。

生涯を通して「もっと」「さらに」という欲心をもって常になにかを求め続ける人になります。 追求心が旺盛といえば聞こえが良いのですが、求める気持ちに歯止めが利かず、人生に小休止がありません。

長所を言うならば、仕事においてはより高みを望むために結果的に人一倍努力を重ね、それ相当な業績を残す可能性はあります。 しかし、短所の一つが問題になります。 満足感のなさは愛情が枯渇している人に多く伺えます。 それはなぜでしょうか。

推し量る愛情がないために、あらゆる感情を整えるような基準点やら装置が存在しないのです。 よって、 「何を持って満足をするのか」 「何をもって良しとするのか」 これらの感情が分別できないようになっているのかもしれません。

心情はいつも曇り空のようで、一生涯、心が晴れ渡ることがありません。 たとえ、経済的に成功しても決して本人は満足をしません。 いつも思うのですがそれは幸せな人生と言えるのでしょうか。

例えば、お肉を食べて幸せだと思うことがありますよね。 また、お肉だけではなく、おにぎりを食べて幸せだと感じるときもあるはずです。 これらの感動がないような人生とは辛く苦しいものだと思うのです。


姉妹ホームページで運勢型をお調べいただけます。

*PC・スマホ 魂ゆら占い(www.e-tamayura.com)


【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占い最新メルマガのご購読はこちらより 『まぐまぐ!』 【姓名判断】樹門幸宰の魂ゆら占いメルマガ

お問い合わせ、鑑定前のご相談はこちらからどうぞ

占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせは03-5388-9352までお電話ください。 占い師 東京 で 当たる占い師・お問い合わせはこちらのメールフォームから